不妊治療の流れ

生殖機能に問題がなくても、不妊になることはあります。
そんなときに行われる不妊治療の一つが、タイミング法。

 

排卵のタイミングに合わせて性交すれば、
妊娠する可能性が高まるというわけです。

 

当たり前のようでいて、
案外一般家庭で行われていないのがこの方法。

 

男性側の精子が正常であることなどの条件もありますが、
取り組みやすい不妊治療だともいえます。

 

 

不妊治療ながらも、自然妊娠になるという点も、
気軽に受け止めやすいでしょう。

 

 

一方、検査によって何らかの問題が発覚した場合は、
その問題を改善する治療を始めることになります。

 

原因としては、女性なら排卵障害、高プロラクチン血症、
黄体機能不全、性感染症などが、
男性なら精巣上体炎、性感染症、造精機能障害、EDなどが代表的です。

 

 

中には手術が必要になるケースもあり、
女性なら子宮筋腫、子宮内膜症、卵管水腫など、
男性なら精策静脈瘤、閉塞性無精子症などが一例です。

 

 

ただしこれらの手術を行うことによって、
自然妊娠が可能になるとは限らないことも理解しておきましょう。

 

その場合は、人工授精などの方法がとられることになります。

 

他の治療法で一年位効果が出なかった場合、
人工授精が検討されます。

 

人工授精ができる状況も限られますから
病気の場合は手術の前に人工授精がすすめられることもあります。

 

 

タイミング法や対症療法で効果が出ずに人工授精となった場合、
精子を子宮の奥まで人工的に送り込む治療が行われます。

 

 

ただし、女性が排卵していなければ不可能です。
まだ排卵を迎えられる女性は自然周期での人工授精を、
自然には排卵できない場合には入らん誘発剤で排卵を促すことになります。

 

この治療を行っても、妊娠できないこともありますが、あきらめないでください。
次の方法としては、高度生殖医療という手があります。
高齢の女性、重い不妊症状のときに、この治療法が用いられます。

 

この治療法の一つに体外受精があり、
精子と卵子を体外で受精させてから受精卵を子宮に戻すのです。
体外受精も成功しなかった場合は、顕微授精があります。

 

この方法は、重度の精子減少症でも用いられています。
一種の体外受精なのですが、通常の体外受精と違うのは、
人工的に卵子の中に精子を注入して受精させる点。
より人工的な方法で、手間もかかります。

 

こうした不妊治療は、1つの方法が駄目だったからといって、
次から次へと試されるわけではありません。

 

何度か同じ方法で試すケースもありますし、
いろいろな方法を試すケースもあるのです。

 

精子と卵子を共に卵管内に戻す
GIFT法や受精した精子と卵子を卵管内に戻すZIFT法などもあり、
医学的にも新しい治療法が試みられていることがわかります。

 

 

妊活サプリのおすすめはベルタ葉酸サプリ