不妊治療における卵巣年齢

近年は、高齢出産といわれる年齢で初産を迎える女性が珍しくありません。

 

子供を持ちたいと願って頑張るのは偉大なことですが、やはり20代の女性が不妊治療をするのと40代周辺の女性が不妊治療をするのとでは同じ状況とはいえません。

 

不妊治療には、何年もの期間がかかる場合も多いもの。

 

年齢が若ければ心にも余裕を持って不妊治療に挑めるかもしれませんが、体力的にも負荷がかかりやすい中で焦ってストレスを抱えながら不妊治療をするのは大変です。

 

これを考えると、将来子供が欲しいと思っている女性は、若いうちから自分の体の状態を把握し、健康を保つ必要があるといえるでしょう。

 

不妊治療の検査の一つに、AMHと呼ばれる卵巣年齢を調べるものがあります。

 

女性が妊娠出産できる年齢には限りがあり、卵子や卵巣の健康状態がよくなければ高齢出産は不可能です。

 

巷では、有名人女性が45歳近くなって妊娠出産することが話題になりやすいものの、実はリスクはかなりの高さ。

 

また、実年齢より卵巣年齢が進んでいる人もいますから、検査で正確な状況を知ることが大切なのです。

 

AMHとは、アンチミューラリアンホルモンのこと。

 

発育卵胞から分泌され、この数値により卵巣内の卵子の数もわかってきます。

 

活発であれば、卵巣機能も若く健康であるということですね。

 

血液検査でわかるので、不妊治療の検査の中では比較的受けやすいといっていいでしょう。

 

AMH検査の結果には個人差が大きく、若くても不健康な状態の人も少なくないといいます。

バイアグラシアリスレビトラなどのed治療 ed外来 早漏治療 ジェネリック 女性用バイアグラ 媚薬 サイズアップ プロペシアジェネリック 育毛剤 まつ毛育毛 女性用育毛剤 避妊ピル いびき防止 禁煙 睡眠 抗うつ 高血圧などの改善サポートを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/