不妊治療と卵巣の健康状態

AMH検査でわかる卵巣年齢は、実年齢に必ずしも比例しません。

 

若年層でも数値が低く卵巣年齢が高い人もいれば、中年層でも数値が高くまだまだ卵巣の働きが活発な人もいるのです。

 

しかし一般的には年をとるに従って卵巣年齢も上がってくるもので、AMH検査の数値が低いからといって即不妊というわけでもありません。

 

というのも、妊娠するためには、卵子の数より卵子の質がモノをいうからです。

 

従来は、AMH検査の他にFSH検査というものも行われていました。

 

これは、卵胞刺激ホルモンの数値を測る検査です。

 

しかし、卵胞刺激ホルモンは周期次第で変動があり、正確な状況がわかりにくいため、AMHの数値が優先されるようになりました。

 

卵巣年齢さえわかれば、急いで不妊治療をするべきか、時間をかけてもいいかの切り分けが可能だからです。

 

自分は一般的な卵巣状況のはずと思っても、検査をしてみないことには何もわかりません。

 

最近のご夫婦の中には何年も夫婦だけの生活を楽しんでから、ギリギリになって子供を作ろうとするケースが増えていますが、いつか子供が欲しいと思っているなら早いうちに検査だけでも受けておいたほうがいいかもしれません。

 

不妊治療の検査の中には、痛みを感じるような種類のものもあります。

 

なるべく検査や数多くの治療を経ないで不妊を克服するためにも、卵巣年齢を検査しておいたほうがいいでしょう。

バイアグラシアリスレビトラなどのed治療 ed外来 早漏治療 ジェネリック 女性用バイアグラ 媚薬 サイズアップ プロペシアジェネリック 育毛剤 まつ毛育毛 女性用育毛剤 避妊ピル いびき防止 禁煙 睡眠 抗うつ 高血圧などの改善サポートを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/