継続する不妊治療

不妊治療は、続ければ続けるほど精神的にも経済的にも負担がかかってきます。

 

一つの治療法で成果が出なければ、別の治療法を試すことも珍しくありません。

 

中には、不妊の原因がなかなかわからない場合もあります。

 

そのため、様々な治療法や検査を試して、何が原因なのかを探りながら模索的な不妊治療をしていかなければならないのです。

 

不妊治療での平均的な妊娠成功率は、30%程度。

 

年齢が上がれば、この確率も下がっていく可能性があります。

 

高度な不妊治療とされている体外受精も、3回同じ方法を試して失敗したら、別の方法を移るという病院が少なくありません。

 

もちろん信頼できる医師と出会えればこれに限ったことではないとしても、不妊治療を継続するか否かは大きな問題としてのしかかってくるでしょう。

 

そんなことからも、夫婦で力を合わせることは重要です。

 

食事や生活習慣面でも共にすることが多いご夫婦だからこそ、お互いに
気をつけ合って生活を改善していくことも結果に関係してくるでしょう。

 

残念な結果になったとしても、2人で精一杯頑張ったという経験が残れば、赤ちゃん以上に大事な絆になることもあります。

 

何より、信頼できる医師を探すこともあきらめないようにしましょう。

不妊治療を開始して早い段階で妊娠できる方

長期間の治療でも妊娠に至れないという方もいらっしゃいます。
治療期間が長くなればなるほど精神的な辛さも増していくのではないかと思います。

 

 

不妊治療の流れとしては、
初めに必要となる検査の段階で不妊の原因をしっかり見つけて、
対処療法を行っていくのが一般的です。

 

 

しかし不妊の原因に対処しながらの治療を行っても、
すぐ妊娠に至れないというケースも珍しくなく、
不妊の原因の究明に手間取るケースもあります。

 

1度の不妊治療でも妊娠成功率はほんの30パーセントということで、
決して成功率はべらぼうに高くはありません。

 

諦めないで治療を継続していく忍耐力が大事になってきます。

 

けれども不妊治療を行っても中々妊娠に至れない場合には、
同じ治療ばかりでなく別の方法への切り替えも大事になりますし、
次の段階へ進むタイミングも大事になります。

 

 

特に高齢出産となる肩の場合には、
時間が大事ですから効果のない治療を何年も続けるのは時間のロスとなってしまいます。

 

不妊治療を行っても中々妊娠できないという場合には、
原因の再度の見直しも必要となるでしょう。

 

 

また、明確な原因を突き止めて、
原因に対処するのに最善であろう治療方法を見直すことも大事ですよ。

 

体外受精の場合でも、
同様の方法で3回失敗したなら次の治療にステップする病院も多いのです。

 

専門医である先生に対して言いたいことを言えない、
話をしにくいという患者さんも多いようです。

 

しかし、不妊治療においては専門医と患者との信頼関係も大切になってきます。
信頼できて腕のいい先生に出会うというのも大事なポイントとなるでしょう。