男性側の不妊治療

不妊治療も夫婦の同意がなければ受けられません。

 

ときには男性側が非協力的なご夫婦もいますが、そこは何とか克服して一致団結するのが先決です。

 

男性に行われる不妊治療には、非ホルモン療法というものがあります。

 

男性の精子減少症を改善する治療で、漢方薬やビタミン剤などを用いるのが特徴です。

 

治療の前には、静止検査や男性不妊スクリニングセット検査も行われます。

 

漢方薬やビタミン剤には、比較的抵抗なくトライできる男性も多いのではないでしょうか。

 

他の治療法には、クロミフェン法というものがあります。

 

これは、内分泌異常による乏精子や精子無力症に対して行われる治療です。

 

エストロゲンのフィードバックが、ゴナドトロピン製剤で防止されます。

 

薬剤を少量ずつ持続的に投与してゴナドトロピン分泌を促す不妊治療は、GnRH療法です。

 

スプレキュアという薬剤を使うのですが、これが1本15,000円。

 

1本で2週間ほど使用できますから、予算から治療法を検討してみるのもよさそうです。

 

ホルモン欠損が原因の男性不妊で、精子を作る能力が低下している場合は、下垂体ゴナドトロピン療法が用いられます。

 

ゴナドトロピンを補うことで、精子の産生を促すのです。

 

これは最も効果が望める男性不妊の薬物療法だといわれていますから、検討の価値があるでしょう。

夫婦一緒に検査を受けて原因探ることが大事

不妊治療を検討するのであれば、
自分の意思だけでなくパートナーの同意も必要となるのが当然です。

 

しかしプライドが高い男性の場合だと、
検査への協力を嫌がるケースもあります。

 

しかし不妊というのは二人で協力して乗り越える必要があります。

 

 

男性側が原因で不妊出会ったと判明すると、
男性側に施すの不妊治療として非ホルモン療法が行われることがあります。

 

これは男性側が精子減少症であった場合の治療法で、
ホルモン剤を使用せずに漢方薬やビタミン剤といったもので症状を改善しようとする方法になります。

 

 

不妊治療の一環として行われる治療ですが、
現状ではまだ科学的根拠が少ないということもあり、
専門医の経験数が重要となる治療法ではあります。

 

非ホルモン療法を受ける場合には、
事前に精子検査と男性不妊スクリーニングセット検査というものをしなければなりません。

 

内分泌の異常によって起こる乏精子や、
精子無力症が判明した場合には、クロミフェン法という治療法を行うケースもあります。

 

 

ゴナドトロピン製剤を使いって精子の生成を促進させるという仕組みです。
GnRH療法というのも男性側の不妊治療で用いられる方法で、
少量の薬剤を継続的に投与してゴナドトロピンという物質の分泌を促すというものです。

 

 

スプレキュアと呼ばれる薬剤を使う治療法です。
費用にすると1本で15000円になりますが、
毎日薬剤を投与しても、
1本あれば2週間の継続が可能となります。

 

 

下垂体ゴナドトロピン療法という治療法もあります。
これはホルモンの欠損が原因で精子の生成機能が低下していると
判明した時に用いられる療法です。

 

ゴナドトロピンを人工的に補充して精子の生成を促すという流れになります。

 

 

不妊治療の流れにおいて、
男性側不妊である場合の薬物療法の中では
最も効果があると言われている療法でもあります。