男性側の不妊治療

女性側に負担の多そうな不妊治療ですが、妊娠は夫婦揃わないとかなわないことですし、不妊の原因が男性にある場合も少なくありません。

 

妊娠して胎児を育て、出産するのには女性の負担のほうが多いにしても、男性が手放しでいるのはよくないでしょう。

 

当然のことながら、不妊治療も夫婦の同意がなければ受けられません。

 

ときには男性側が非協力的なご夫婦もいますが、そこは何とか克服して一致団結するのが先決です。

 

男性に行われる不妊治療には、非ホルモン療法というものがあります。

 

男性の精子減少症を改善する治療で、漢方薬やビタミン剤などを用いるのが特徴です。

 

治療の前には、静止検査や男性不妊スクリニングセット検査も行われます。

 

漢方薬やビタミン剤には、比較的抵抗なくトライできる男性も多いのではないでしょうか。

 

他の治療法には、クロミフェン法というものがあります。

 

これは、内分泌異常による乏精子や精子無力症に対して行われる治療です。

 

エストロゲンのフィードバックが、ゴナドトロピン製剤で防止されます。

 

薬剤を少量ずつ持続的に投与してゴナドトロピン分泌を促す不妊治療は、GnRH療法です。

 

スプレキュアという薬剤を使うのですが、これが1本15,000円。

 

1本で2週間ほど使用できますから、予算から治療法を検討してみるのもよさそうです。

 

ホルモン欠損が原因の男性不妊で、精子を作る能力が低下している場合は、下垂体ゴナドトロピン療法が用いられます。

 

ゴナドトロピンを補うことで、精子の産生を促すのです。

 

これは最も効果が望める男性不妊の薬物療法だといわれていますから、検討の価値があるでしょう。

バイアグラシアリスレビトラなどのed治療 ed外来 早漏治療 ジェネリック 女性用バイアグラ 媚薬 サイズアップ プロペシアジェネリック 育毛剤 まつ毛育毛 女性用育毛剤 避妊ピル いびき防止 禁煙 睡眠 抗うつ 高血圧などの改善サポートを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/