不妊治療の検査の種類

排卵期には子宮頚管粘液の量が多くなるため、
おりものが粘り気を帯びてきます。

 

通常はサラサラなのですが、
時期によって粘り気が出てくるのは当たり前なのです。

 

しかし、粘液が少ない場合、
精子が子宮内に入りにくくなります。

 

この状態を子宮頚管粘液不全といい、
不妊につながる原因と考えられています。

 

他にも、起床時に性交をしてからすぐに病院に行って
頚管粘液を採取するフーナーテストという検査もあります。

 

 

この検査では、子宮内に精子が存在して動いているかまで確認します。

 

別名、性交後試験とも呼ばれていますが、
フーナーテストのほうが聞こえがいい気がする人もいるかもしれません。

 

 

膣内にカテーテルを挿入し、
子宮まで届いてから造影剤を注入して子宮卵管をエックス線撮影する
子宮卵管造営検査が行われることもあります。

 

ここでは、子宮の形態や卵管の通過制などを確認できます。

 

一日で何枚もレントゲン撮影をすることもあれば、
翌日また撮影ということもあり、痛みを感じる人もいる検査です。

 

超音波検査も、不妊治療のために行われる検査の一つです。

 

 

子宮や卵巣を超音波断層装置で見ていき、
卵胞の発育状態や子宮内膜の厚みなどをチェックできます。

 

別名、エコー検査と呼ばれています。