不妊治療でのエコー検査

不妊治療でも行われるエコー検査は、
妊娠している人が受けることもあります。

 

この場合は胎児の状態を見るわけですが、
いずれにしてもエコー検査には2種類の方法があるのをご存知でしょうか。

 

 

一般的に行われるのは、
経膣超音波を用いた検査です。

 

 

膣内にプロ-プと呼ばれる超音波を送受信できる装置を挿入し
卵胞の発育を見るのです。

 

画像がハッキリ映るので、
卵胞や子宮内膜の厚みを確認しやすいのがメリットですから、
ほとんどの場合はこの方法でエコー検査が行われます。

 

 

一方、腹部にプロ-プを当てることで腹部の上から内部を見るのが、
経腹超音波を用いらエコー検査です。

 

 

不妊治療では、体外受精の胚移植時などに用いられます。

 

 

腹部の皮ごしなので鮮明さには劣るものの、
見える範囲が広がるぶん、
子宮内外の全体像を見るには適しているのです。

 

 

 

胎児の発育を確認するときにも、
経腹超音波を用いた検査が採用されています。

 

 

不妊治療は男性が受けるものもありますが、
その一つが一般精液検査です。

 

採取した精液の数や運動率を検査して、
奇形率を見るのです。

 

男性にとっては、病院で精液を採取するか、
自宅で精液を採取してから病院まで持っていくことになり、
抵抗を感じるかもしれません。

 

 

しかし不妊治療や検査は夫婦で協力してするものですから、
お互いを思いやって頑張りましょう。