漢方での不妊治療の始め方

女性の体は、冷えが原因で発生することが多いもの。

 

不妊も、体が冷えて妊娠に関連する大事な部位の働きが弱くなり、引き起こされている可能性があるのです。

 

冷え性を克服するのは、女性にとって一大事。

 

そのためには、漢方薬が体にやさしく、多くの女性にも注目されています。

 

今では病院でも漢方薬を処方するところが増えていますが、気になるのはそのお値段。

 

とはいえ漢方薬には健康保険が適用されますから、不妊治療で処方してもらうとしても月に数千円程度を見ておけば大丈夫でしょう。

 

中には漢方薬を扱っていない病院もありますから、あらかじめ調べてから病院選びをするのも一つの手です。

 

注意してもらいたいのは、漢方薬局で薬を煎じてもらうときです。

 

このときは健康保険が適用されないため、全額が自己負担となってしまいます。

 

あくまでも、病院で不妊治療を受けているという前提で漢方薬を処方してもらうことが、健康保険を適用するためには必要なのです。

 

もちろん、病院には行かずに漢方薬局だけを利用している人もいます。

 

その場合は、保険適用なしで月に15,000円から30,000円ほどの出費が相場です。

 

薬のみにこれだけの費用をかけても効果が出る人がいるため、トライしてみようとする人が続いているのでしょう。

 

薬や病院に頼るだけでなく、自身で冷えを改善する努力も大切です。

 

入浴や適度な運動を習慣にしたり、食事のバランスや睡眠にこだわることも有効です。

 

 

 

西洋医学を基にした不妊治療では、ホルモン剤が使用されることがあります。
これに対して東洋医学では、漢方薬を用いることがあります。
漢方薬は、東洋医学の考えの通りに、自然治癒力を高めることを基本としています。
そのため体に無理がかかりにくく、西洋の薬よりもやさしく作用するといわれています。
体本来の機能を取り戻すことができれば、自然な妊娠も可能になるケースがあるため、なるべく体に負担をかけたくないという場合は漢方薬を試してみるのもいいでしょう。
西洋の医薬品は、悪いところ、つまり患部に直接的に作用するように作られています。
効果が高い反面、体の他の部分に副作用が出るリスクが危ぶまれることも多いのです。
一方、漢方は患部を悪くしている原因はどこにあるのかを探り、その部位の働きを戻そうとすることによって体全体を良くしようとするもの。
西洋の医薬品に比べれば副作用は少なく、じっくりと全身を健康にしていくことが可能です。
問題は、即効性が期待できないため、少なくとも半年や一年以上の長期間の構えで不妊治療を進めていかなければならないという点。
効果も穏やかですから、本当に漢方薬のおかげで妊娠できたのかわからないという方もいるかもしれません。
漢方には、漢方エキス製剤と漢方医が生薬を調合するタイプの煎じ薬があります。
デリケートな体質の方にも穏やかに作用してくれるので、薬の副作用が心配という方は漢方医のいる薬局などで相談してみてはいかがでしょうか。

バイアグラシアリスレビトラなどのed治療 ed外来 早漏治療 ジェネリック 女性用バイアグラ 媚薬 サイズアップ プロペシアジェネリック 育毛剤 まつ毛育毛 女性用育毛剤 避妊ピル いびき防止 禁煙 睡眠 抗うつ 高血圧などの改善サポートを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/