不妊治療と漢方

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)があります。

 

血行が促され、貧血も改善される上、卵巣機能が改善してくる期待が持てます。

 

卵巣機能が働くようになってくると、黄体ホルモンの分泌が盛んになります。

 

すると、妊娠に必要な排卵や着床の助けとなるわけです。

 

ついでに冷え性や肩こり、頭痛も改善してくれるので、一石二鳥ですね。

 

他にも、不妊治療に用いられる代表的な漢方薬の一つに、温経湯(ウンケイトウ)があります。

 

これも血の巡りがよくなることで体全体がホカホカしてきて、ホルモンバランスが整います。

 

これにより排卵も促されるので、不妊治療にもってこいなのです。

 

不妊治療のためだけでなく、手足がほてる方、便秘症の方、皮膚が乾燥しやすい方などにも処方される漢方ですから、関連の症状に悩んでいる方は検討してみてください。

 

漢方では血行をよくすることが健康の基本と考えられており、桂枝茯苓丸(ケイシプクリョウガン)も血行促進や冷え、のぼせなどの問題によく用いられる薬です。

 

体が温まるのは血の流れがいい証拠、黄体ホルモンの分泌も活発になってきます。

 

加味逍遥散(カミショウヨウサン)の場合は、血液循環の他にストレスによるホルモンバランスの乱れも改善してくれます。

 

子宮内膜を整えたり卵胞の発育も促される上、精神的なイライラや不安、不眠なども解消してくれます。

不妊治療と漢方で改善

不妊治療をしていく中でホルモン剤(西洋の薬)などを使用するケースも多々ありますが、漢方薬を用いることもあります。
妊娠を望むからと言って最初から薬を服用したり体外受精を行うのではなく、東洋を代表する治療法・漢方薬の力で人が本来持っている自然治癒力をアップするという方法も利用できますよ。
体のもともとの機能を回復させることができれば、弱まっていた生殖機能の働きも蘇ってくるでしょうし、自然妊娠しやすくなる体作りにもなります。
東洋医学と西洋学は対照的ですね。
西洋の薬を服用して体にとって不足しているものを補ったり、弱まっている機能を回復させるという方法と東洋医学とは、まず根本的なところから方向性が違うのです。
西洋医学の方が主流となっているように感じられますが、漢方は世界各国で用いられている治療方法でもあり、各種疾患にも効果を発揮するということでかなり根強い人気を集めています。
不妊治療の一環として漢方を用いるとなれば、まず優先されるのは自然妊娠ができる体を取り戻すということなので、早急な妊娠がかなうわけではありません。
そもそも体質改善というのは大変なことで時間もかかります。
ゆっくりと時間をかけて健康体を取り戻してこそ、妊娠が望める体になれるのですから、すぐにでも赤ちゃんを産みたいという方には不向きでしょう。
漢方薬による体質改善の治療は、だいたい半年~一年ほどは必要となるでしょう。
不妊治療の一環として多くの人が利用している西洋学も役立ちますが、それにしても漢方薬による効果は穏やかなものです。
ありがたいことに漢方による副作用はとても少ないものなので、各種治療における副作用が不安だという方にもオススメの治療です。
西洋薬の副作用で弱ってしまった体にも、漢方の力が働いてくれます。
現在では漢方も2タイプに分かれています。
漢方エキス製剤として処方されるタイプと、漢方医が実際に生薬を調合する煎じ薬タイプです。

 

たいていの医療機関で保険が効きますから、煎じたタイプの漢方薬よりも漢方エキスタイプの方が用いられることが多いようです。
漢方薬の中でも不妊治療でよく使われるのが「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」という漢方薬です。
当帰芍薬散の効果として挙げられるのは
・血行促進
・貧血改善
・卵巣機能の改善
などが挙げられます。
黄体ホルモンという女性にとって大切なホルモンの分泌を促してくれますから、妊娠において重要な排卵から着床といった流れを手助けしてくれます。
その他にも冷え性や肩こり・頭痛など多くの女性が悩まされている症状にも改善効果がみられ、体力に自信がないという方にもオススメです。
温経湯(ウンケイトウ)という漢方薬も不妊治療で使われる漢方で
・血液循環の促進
・体全体の保温
・ホルモンバランスの調整
・排卵促進効
などの効果を発揮しますから不妊治療に最適だと言われています。
おなかの冷えや手足のほてりといった体の体温調節をコントロールしてくれますし、便秘や皮膚の乾燥など幅広く作用します。

桂枝茯苓丸(ケイシプクリョウガン)という漢方薬も血行促進や、冷えやのぼせといった体の体温バランスをコントロールしてくれる漢方薬で、さらには黄体ホルモンの分泌促進効果もありますから、不妊治療で使われることがあります。
加味逍遥散(カミショウヨウサン)も不妊治療に向いている漢方薬です。
・血液循環の促進
・ストレスによるホルモンバランスの乱れの安定化
・子宮内膜の調整と卵胞の発育の促進
といった効果を発揮します。
不眠やイライラしがちといった症状にも作用するようなので、精神面的にもありがたい漢方薬ですね。
不妊の大敵だと言われている冷えを改善してくれる漢方薬が多いので、体の体温調節が自然な妊娠のために重要だということが分かりますね。

 

 

女性が抱える悩みに多いのが冷えですが、冷えは不妊に治療において避けなければならないことだと言われていますね。
冷え性の改善は不妊治療するにあたってとても大事な第一歩となるのです。
不妊治療において重要なので、冷え対策に効果的な漢方薬は重宝されますし、生殖機能を改善する効果がある漢方薬もよく利用されます。
体の健康を整えて自然妊娠しやすい体を作っていくことは不妊治療の流れの中でとても大事です。
漢方薬のお値段が気になる方もいらっしゃると思います。
不妊治療の流れにおいて漢方薬をとりいれたいのであれば、漢方を推進している病院を選ぐことが大事です。
漢方薬の処方には保険が適用されますから、費用は1カ月でもだいたいに数千円程で済むでしょう。
しかし漢方薬という漢方を専門としている薬局では、カウンセリングを受けから漢方を煎じてもらうという流れになりますから、保険適用外となります。
保険適用外で自費になるとそれなりのお値段となってしまいますが、やはり専門の漢方薬局というだけあって、効果があるとして不妊治療をしている方々には人気があるます。
費用としては月に15000~30000円ほどの出費となってしまいますが、それだけの効果もあるとして根強い人気があります。
不妊治療の流れとしては病院に通っての治療や漢方を利用することとなりますが、自身でできるだけの冷え性改善も心がけましょう。
日頃から腹巻やレッグウォーマーといったアイテムを使用して体を冷やさない努力もしていきましょう。
また、体を内側から温めることができる食べ物である
・しょうが
・ねぎ
・にんにく

・にら
・かぶ
・にんじん
・カボチャ
などを積極的に取り入れていきましょう。
生野菜として食べるよりも温野菜にして食べた方が体も温まりやすいので、食生活の改善で体を温めて血行促進を図るのも、妊娠しやすい体作りでは大切ですよ。