不妊治療と食生活の関係

日頃から健康的な生活を送るために、まずは毎日とる食事から改善してみてはいかがでしょうか。

 

女性側の問題で不妊の原因として多いのは、血行不良からくる体の冷えです。

 

冷え性とまではいかなくても、汗をかきにくい、代謝が悪い気がするような方は、血の巡りが悪くなっている可能性があります。

 

血行は様々な病気の原因にもなり、健康状態を大きく左右します。

 

卵子の発育状況にも影響が及ぶため、身近な食事を見直して体を温めるような食事をすることで、妊娠しやすい体質へと変えていくこともできるでしょう。

 

例えば、根菜類は体を温めてくれるといいます。

 

そもそも根菜類には冬野菜が多いのですが、これは冷えやすい冬に食べて体を温めることと関係しています。

 

ニンジンやレンコン、大根、ゴボウなどを積極的に食事に取り入れましょう。

 

また、薬味でもあるショウガやニンニク、ネギなども、体を温める作用を持っています。

 

喉が渇いたときに、ショウガ湯やショウガ紅茶などを飲むのもいいですね。

 

味噌や納豆には大豆が使われており、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするイソフラボンが多く含まれるのがメリットです。

 

具沢山のお味噌汁を毎日作って食べるようにするのも、食卓が華やかになる上に健康的です。

不妊治療のために食生活を見直すこともいいよね

不妊治療の一環として様々な改善策や不妊治療を行なっていきますが、病院で行う治療だけでなく自分でできることもあります。
食生活の改善による体質改善は自分の努力でもできることです。
例えば毎日の食事の栄養バランスが崩れてしまっているという方は、毎日の食事の内容を見直すだけでも体質改善することができます。
食生活を正すというのは妊娠しやすい体への第一歩になります。
冷え症で悩んでいる女性は多いのですが、冷えというのは血行不良の原因にもなりますし、多くの疾患の原因にもなりうるものです。
冷えはまさに万病の元となるものなので、妊娠を望むのであれば冷えは絶対に避けましょう。
冷え性となってしまった体だと、子宮などの機能の低下にも繋がりますし卵子の正常な発育も妨げてしまいます。
また、せっかく受精できたとしても着床ができないなどのトラブルの原因ともなります。
不妊治療の流れで、結果や原因次第では薬を服用する場合もありますが、まずは自分でできることはきっちりやってしまいましょう。
体の保温性を高める食材を選ぶ、血行の促進を働きかける食材を摂り入れるなど、それらのことだけでもかなり体質改善になりますよ。
当然ながら食生活の見直しと改善は妊娠しやすい体にするだけでなく、体質改善や健康維持という効果も出てきます。
体を温め効果がある食材といえば、根菜類が有名ですね。
・ニンジン
・レンコン
・ゴボウ
・大根

がありますね。
その他にも
・ショウガ
・ネギ
・にんにく
なども体を内側から温める効果があると言われています。
大豆製品である味噌や納豆といった食品もオススメですし、大豆の中には女性ホルモンの1種でsるエストロゲンの分泌を促進させる成分も含まれていますから、女性は特に積極的に摂取しましょう。

 

エストロゲンという成分は子宮内膜を厚くする効果が期あると言われているので、妊娠希望者は積極的に摂り入れたい成分ですね。
不妊治療の効果を促す食べ物として推奨されるのは
・梅
・クリ
・りんご
・サクランボ
といったフルーツです。不妊治療の一環として積極的に食べるようにするといいでしょう。
血行を促進効果のある食べ物は
・玉ネギ
・ニンニク
・ショウガ
です。
ニンニクやショウガは血行促進効果だけでなく体を温める効果もあるので、不妊治療には最適です。
妊娠希望者はニンニクやショウガを積極的に料理に摂り入れましょう。
緑黄色野菜全般やイワシやイカ、ピーナッツといった食材も血行を促す効果のあるものですよ。
コーヒーやビールといった嗜好品の類は体を冷やしてしまうものもあるので注意が必要です。

体を冷やすと言われている食材は
・トマト
・レタス
・ナス
(主に夏野菜)
・マンゴー
・キウイ
・パパイア
(南国のフルーツ)
などが挙げられます。
不妊治療をするにあたって男性側の体質改善も重要となりますが、男性側の不妊の改善にも食生活の見直しは効果があります。
スタミナをつける・元気な精子を生成するなどのことを考えながら食生活の改善をするといいでしょう。
男性側の不妊改善に適した食材としては
・豚肉
・玉ネギ
・トマト

・さといも
・山芋
・たまご
・イワシ
・かき
・カレイ
・パルメザンチーズ
・ピーナッツ
・ごま
などがあいrますよ。
精子数のアップを図るのであれば亜鉛を積極的に摂取しましょう。
さといもややまいも、カキやパルメザンチーズが亜鉛の摂取にオススメです。
ゴマはに豊富に含まれているリノール酸は男性ホルモンの分泌を促進してくれます。

 

 

ご夫婦一緒に食生活の見直し・改善をするというのは不妊治療において大事ですし、体質改善にも繋がりますのでぜひ実践しましょう。
これを食べれば妊娠が確実だ!というような万能なものはありませんが、積極的に食べるべきもの・なるべく避けた方がいいものという知識はご夫婦共に身につけましょう。
妊娠率アップに繋がる食べ物として知られているのは、乳製品です。
妊活に必要なカルシウムが豊富で生殖器の健康のためにも乳製品はとても良いと言われています。
乳製品の中でも、脂肪分カットがされていない牛乳が効果的で、排卵の正常を保ってくれるという研究結果が出ているのだそうです。
鉄分不足というのも不妊治療では大敵になりますから、妊娠率アップのためにも鉄分を豊富に含んでいる肉類を積極的に摂取しましょう。
しかし肉類といっても動物性タンパク質の過剰摂取は不妊の原因となってしまうので、摂取量のコントロールは大事にしましょう。
精製していない穀物である玄米や全粉パンというのも妊活にはオススメです。精米されていないものの方が良いと言われていますよ。
野菜や果物も栄養が豊富で排卵を正常にしてくれる栄養分が摂取できます。
また、不妊治療の流れとして食事の改善をしようと思っているならば、サケやイワシなどに豊富に含まれているオメガ3という栄養素を積極的に摂ることも心掛けましょう。
オメガ3はホルモンの生成を促してくれるので、生殖器の機能がアップしますしストレス軽減も期待できます。
ストレス改善は不妊治療においてとても重要なことなので、食事の見直しでも心が得ていきましょう。